名古屋に住むならココ!子育てにおすすめの区を紹介 その2

名古屋に引っ越して子育てを始める方に向けて、住みやすい街や特におすすめの地域を紹介します。

第二弾は天白区。僕が大学の頃に引っ越し、二番目に長く住んでいた地域でもあります。

はじめに

天白区は名古屋の東に位置している人工約16万人の住宅地です。名前は区を東西に横切って流れる天白川から名付けられています。
ざっくりとしたエリア構成は

  • 山根・相生の田舎エリア
  • 塩釜の学生街
  • 植田・原・平針住宅地エリア
  • 八事・表山の高級住宅街

となります。

 

交通手段

主要交通手段は市営バスか地下鉄鶴舞線です。鶴舞線は栄、名駅など主要都市には直通していなくて、必ず乗り換えかが必要になるので、個人的に使い勝手は良くないかなと思っています。

総合的な利便性重視なら植田・原・平針

植田・原・平針の住宅地は閑静な住宅街で環境は○
この辺は天白川の流域地区ですが、水害対策がかなりしっかりされてるので氾濫・決壊の災害リスクはまず無いと思います。(ただし、天白川に限らずですが、水辺の近くは地震が起こった時に液状化リスクはあるかもしれません。)
このあたり(特に平針住宅あたり)は山や坂道、アップダウンが多いのでやはり移動には車があった方が便利かと思います。

個人的に避けたほうが良いと思うエリア
塩釜口は名城大生をターゲットにした学生街です。安い飲食店は多いですが買い物がしにくく、ファミリー子育て層には向かないエリアと思います。

高所得層向けの八事・表山

八事・表山エリアは名古屋でも有数の高所得者向けエリアです。治安面、環境面は◎ですが土地柄、住居費が高くつく可能性大です。
八事はイオンがあるため一見、便利かな?とも思いますが、実は八事イオンは5本もの道路の交差点にあるため年中渋滞が発生します。なので入るだけでも毎回苦労します。
買い物なら他にはフランテがありますが、商品単価が高めで安く買い物したいならほかを当たる必要ありです。表山エリアはアップダウンが相当激しい地域でしかも最寄り駅は無いので、車持ちでないと普段の生活も厳しいです。

自然派には山根・相生山

相生山緑地を取り囲む里山地帯で豊かな環境に恵まれています。自然が多く、落ち着いた環境で静かに子育てをしたいなら超オススメです。
また、相生山緑地では初夏にホタルを見ることができます。

ホタルに関して詳しくは別の記事にまとめていますので。良ければこちこちらも見てみてください。


交通の要は島田バス停と相生山駅のみなので、交通面は△かも、買い物も近くでは若干しにくいです。

まとめ

天白区は名古屋のベッドタウンな一方で、交通がやや不便な地域が多く、車持ち出ないと住みにくい側面があると思います。
環境はとても良い地域が多いので、アクセス面だけクリアすればとても住みやすいと思います。

番外編

厳密には天白区ではないですが、赤池エリアも最近注目です。プライムツリー赤池を中心に現在開発が猛スピードで進んでいます。プライムツリーはアカチャンホンポ、ひつじのショーンcafeといった子ども向けのお店や施設が入ってるので、子供連れでも一日楽しめます!
ここを起点に生活を組み立てるのなら候補として考えるのはアリです。また名古屋周辺地域では最強クラスのスーパー銭湯、和合温泉があるので、お風呂好き家族ならこれまた一日楽しめます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました