大企業リーマンが教える、やると損する行動

こんにちはTOMOです!

実は何を隠そう自分も名古屋のそこそこ大きな企業に勤めるリーマンですが、今回はそんな自分がつくづく感じる「サラリーマンがやると損する行動」を自戒の意味も込めて紹介します

こんな人に読んでほしい

企業勤めのサラリーマンで、もっと自分の時間が欲しい、自分の為に使えるお金が欲しいと思っている方に読んでもらいたいです

稼げる方法の紹介ではないのでご注意ください。むしろムダ遣いしない方法とか、時間術的な内容です。

ついやってしまう当たり前的な行動や一見すると合理的な行動が実は時間やお金をムダにしてしまっているている非生産的な行動だったなんていう例として読んでみてください。

その1:社食で昼飯

写真食堂で昼食をとるというのはほぼみんなあたり前のようにやっている行動ですが、本当に昼を社食でとる必要がありますか?

社員食堂

会社の社員食堂はとにかく安く食べられるのがメリットですが、一方で「昼飯を食べる」という目的に対して効率が悪すぎです。なぜなら昼飯を食べるだけなのに

  1. 食堂に行く
  2. メニューを選ぶ
  3. 食べる
  4. 精算をする
  5. 下膳する
  6. 職場に戻

という実に6ステップもの工程を踏む必要があります。メインのイベントは”食べる”というただ1点なのに、そのまわりのプロセスが多すぎます。

デスク弁当

一方、弁当を持っていいってデスクで食べれば

  1. 弁当を広げる
  2. 食べる
  3. 片付ける

当たり前で差うが、圧倒的に食べる以外の工程が少ないです。しかも、無駄なメニュー選びや移動に伴う体力消費もなし!

浮いた時間は休憩するも良し、デスクのパソコン使って勉強するも良し!

弁当持ってだけで圧倒的に時間を有効利用できます!

その2:マイカー通勤

通勤のラクさで言えばマイカー通勤が一番合理的でしょう!だけど、マイカー通勤は実はラクさ以外のメリットに注目したとき、逆に通勤のラクさ以外に得られるものが極めて少ない通勤手段です。

運転中は運転以外できない

当たり前ですが、運転中は運転に集中する以外できることがありません

読書することもできませんし、うたた寝することも当然許されません。できることと言えばせいぜいラジオか音楽を聴く・ユーチューブを聞き流すくらいで、実は運転中にできる事は皆無です

交通事故のリスク

車を運転するという事は交通事故のリスクを背負うということ。

事故リスクの低い安全な電車・バス通勤もできるのに、わざわざリスクを負ってまでマイカー通勤を選択する意味が正直分かりません。

電車・バス通勤

確かにある程度の長さの時間を拘束される電車・バス通勤は時間がもったいないと思うかも知れませんが、でも逆に考えると”毎日一定の時間を確実にキープできる”と考えることもできます。

現に僕自身、去年まで片道1時間半~2時間かけて通勤していましたが、通勤時間をスマホゲームやSNSでつぶすが凄くもったいないと思ったので、その時間を全て読書につぎ込んでいました。

結果、圧倒的に本を読む量は増え多くの新しいことを学ぶ機会を得ました。

徒歩・自転車通勤

歩きや自転車は確かに読書や勉強はできませんが、”体を動かす”という点で、マイカー通勤よりも明らかに健康的です。強制的に運動する機会ができるのでリフレッシュの効果もあり、体力づくりにも役立ちますよね。

もし徒歩・自転車圏内でマイカー通勤も選べる職場なのであれば、僕なら迷わず徒歩・自転車を選択します

その3:会社の自販機を利用

本来会社の自販機で毎日飲み物を買うなんて事は、その気になれば全く不要です。

自販機に頼らない

水筒を持っていくか、会社にある備え付けの給茶機で基本的に飲み物は十分。僕はマイインスタントコーヒーをデスクに常備しておいて毎日自分でコーヒーを入れて飲んでいました。これで基本的な会社での飲料費はゼロでした

※ちなみに毎日120円の缶コーヒーを買うことを考えたら、単純に一カ月(20日)で3600円のマイナスです。インスタントコーヒー買ってきて自分で入れれば1000円もかかりませんよ

あと、一カ月で20本も缶コーヒー買うのはエコじゃないですよね・・・

自販機=自動ピンハネマシン

会社に設置してある自販機は売り上げの何%かは設置場所である会社にバックされる仕組みです。なので、僕らがせっせと稼いだお金を自販機を通してちょこちょこ会社にピンハネされている様なもの。

のどが渇いた従業員に対し会社は飲み物を提供しているので、両社WinWinな仕組みの気がしますが、僕には自販機は従業員から小銭を巻き上げる自動ピンハネマシンに見えてしまいます

まとめ

今回は「サラリーマンがやると損する行動」を紹介しました。

どれも誰もが疑問なくやってしまう、選んでしまう選択ばかりじゃないですか?

だけど、ある意味当たり前的な行動が実は意味なく貴重な時間やお金を浪費する行為だったりします。

他にも例えば、”作業着に着替える”とかも実はやらなくてもいいことかもしれません。こうやって当たり前だと思っていたけど、よく考えたら実はやって損する行動だったってことは多々あると思います。

一度、自分の中の当たり前・常識的な行動を疑ってみて、その上で思い切って逆の行動をとってみると時間やお金を無駄にしない生産的な発見ができるかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました