【ジレンマ】理想の旦那を目指すと嫌われる

『理想の旦那』って何だと思いますか?

いきなりの質問ですみません

 

ただ僕自身、最近この事について考えてます・・・

 

男性目線、女性目線、価値観、考える方、家庭環境も人それぞれなので、答えは十人十色

  • ・家族をなにより大切にする
  • ・優しくて包容力がある
  • ・細かのところにも気が利く
  • ・心にいつも余裕があって頼れる
  • ・バリバリ働く
  • ・仕事も家庭も両立
  • ・カッコいい
  • ・もしもの時に頼りになる
  • ・・・

挙げ出したらキリがないですが、とにかく『理想の旦那像』って色々あると思います

結局キャラクターによる

※ここからは旦那目線になります

結局、今まで自分がどんなキャラクターを築いてきたかによって変わってくるわけですが、

そんなキャラクターを前提として

奥さんや家族から『どんな自分が求められているのか』そして『それに合った行動がとれているか』この2点で『理想の旦那かどうか』が評価されます

なので、妻や家族から求められている姿=『期待される姿』であり続ければ評価は自然と高くなります

 

※これは別に家庭内だけの話じゃなくて職場や友達関係でも同じことが言えるわけで、自分が周囲から期待される姿で居続けられれば他人からの評価は上がり続けますよね

理想の旦那で居続ける事のトラップ

ただここでトラップが・・・

 

常に家族から『求められる旦那像』で居続けるのってものすごくタイヘンです

  

というか多分、現実的に不可能です

 

なぜでしょうか?

ここから3つ理由を紹介します

その1:求められる姿がそもそも間違ってる可能性がある

まずはコレ

求められる姿を間違えていたパターン

そもそも他人から求められるものを正確に把握するのってすごくムズカシイです。

 

自分に求められる姿を正しく理解していなくて、間違った方向に走っちゃってては残念ながらどこまで頑張っても全てムダな努力・・・

家族からは『デキない夫』『使えない旦那』扱いされて終了です

 

そうならない為にも、真に求められているのが何なのか、どんな存在が求められているのかをよく考えることが大切です

その2:人が人を評価するのは『減点式』

もうひとつ

人が人を評価する『方法』が問題です

 

人が人を評価するとき、意識する・しないに関わらず基本的に『減点方式』で評価します

つまり、〇〇してくれている!(加点)ではなく、〇〇していない!/できていない!(減点)の方法で採点してしまっているというワケ

しかも身近な人、信頼している人である程この傾向は強くなります

 

つまり家族から信頼される存在であるほど皮肉にも評価されにくくなるという事です

デキる男のハードルは徐々に上がる

これも厄介な問題で、

一度デキる男になってしまうと、求められる『当たり前レベル』がどんどん高くなっていきます

こうなるとちょっとしたミスや取りこぼしも減点ポイント・・・

 

これも残念ながら意識する・しないに関係ない心理的な作用なのでどうしようもありません

誰かから『評価されたい』『期待されたい』と思う事がNG

 

そもそも他人から『評価されたい』『期待されたい』と思うこと自体が間違いです

そして家族とは言え、誰も人が人を評価する権利なんてありません

 

なのにいつの間にかそういう思考に陥ってしまうと

  • ・評価を得るために自分に無理をする
  • ・完全パーフェクトな存在を目指す

という、どちらに転んでもしんどい末路しかありません

求められる旦那力とは?

人の期待に応える生き方は基本的にしんどいです

ではどうすればよいのか?

まず、対人関係においては仮に家族であっても、あくまでも自分は自分!他人は他人!!

と言うようにまずは『自分と他人の感情・意識の線引き』を意識することが大切

ただ、意外とこれが上手くできないので訓練が必要なんです!

 

その上で必要な『旦那力』としては下で紹介する3つの力だと思います

オススメの書籍と一緒に紹介しますので参考にしてみてください

①アンガーマネジメント

・・・怒りに身を任せない技術

②反応しない心

・・・ストレスに対する感情のコントロール術、マインドフルネス

③嫌われる勇気、期待しない生き方

・・・自分らしく人生をラクに生きるための知恵

些細な事でも心が揺れやすい自分への戒めの意味も込めてこの記事を書きました

この記事が誰かの参考になってもらえたらうれしいです🍀

コメント

タイトルとURLをコピーしました