子育て父さんの自分時間の作り方

こんにちはTOMOです!

今回は家庭を持つ父親として、自分だけの時間をいかにして作るかについて書いてみました!

まず、本格的に子育てが始まるとこれまでのような自分だけの時間は無くなります。特に家事・育児にも積極的なお父さんは今まで通りの感覚でいると本当に時間が無くなります。

こうなるともう、徐々に最低限生きるための①仕事②家事③育児だけをこなすマシーンと化す生活が始まります。

こんな人に読んでほしい

自分の人生をただ生活のため(生きるため)だけに使い切るのは味気ないし、段々自分が何の為に生きてるのかすら解らなくなってきます。

そういうのを全部割り切れる人はある意味、人生ラクなのかと思いますが、そうは思わない人が大半だと思います。

なので、この記事は家事に育児に仕事に忙しい毎日を送る中でも自分のための時間を作りたいお父さんに向けて書きました。

"時間が無いから"と諦めてしまう前に

時間が無いからと諦めてしまうと本当に何にもしなくなります

結果、自分の為に有意義な時間の使い方(いわゆる生産性の高い時間の使い方)ができなくなり、たまに発生するわずかな空き時間すらも非生産的なスマホゲームに消化するという悲しき人間の出来上がりです。

だからこそ僕らはいつだってできる範囲で勉強や新しい挑戦を続けるべきだと思っています。

その為にも"どうせ時間がないから"と諦めてしまう前に、本当に1日(24時間)の中に自分だけの時間をひねり出す余地がないのか考えてみませんか?

やっぱり時間が無い

確かに漫然と朝起きて朝の支度→仕事→帰宅→子どものお風呂→家事サポート→就寝→朝起きて・・・
のサイクルを今まで通りの普通の感覚でこなそうとすると全く時間はありません。

"超"早起きして時間を作る

※今回の話は正直、これがお伝えしたかっただけです

これまでの時間感覚でいると全く時間が作れない。そこで思い切って妻も子どもも眠りに落ちている早朝時間帯を狙って活動してみてください。

家族のだれも起きてないので、この時間帯だけは何をしたって誰に文句を言われることもないありません。100%全部自分の時間になります。

ちょっと早起きするだけで毎日自分だけの自由時間が手に入る

これって最高じゃないですか?やらない理由がないと思っています!

早起きはキツい

と思うかと知れませんが、意外とイケます。

実は僕も朝がすごくダメで早起き=拷問と思っていたくらいに苦手だったんですが、今では全然できるようになりました。というのも

子どもの生活リズムに合わせていると自然と早寝早起きに体がなじんでしまうからです

とはいえ正直最初のうちはキツかったですが、子どもと一緒に寝ると意外と早く起きるのが身について、いつのまにか全く苦で無くなります。

あとはそこから起きるのを少しだけ早めるだけ。これなら意外とイケます!

自分で作った時間は大事に使う様になる

自分でなんとかひねり出して作った時間与えられた時間以上に貴重に感じるので、今まで以上に大事に使う様になります。

こうして自分で苦労して作った時間はせっかくなら有意義に、自分の為になるように使いたいと思うようになります。

本を読んだり勉強をしたり、自分の為に有意義に時間が使えるようになると生活が一気に充実してきます!

まとめ

僕ら父親が自分だけの時間を作りたいのなら

絶対に早朝時間帯を自分のものにしましょう

確かに早起きは慣れないとしんどいです。もし前日に夜更かしなんかしたらまず間違いなく次の日の朝は地獄の苦しみです。

でも朝の時間帯を自分のものにできるリズムが染みつけば何物にも代えがたい自分だけの時間を手に入れられます。

「時間は有限、時間は貴重」と言われてもなかなか実感できないかもしれませんが、自分でひねり出して作った時間はやっぱり貴重に感じるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました